パグのトイレのしつけ。そわそわしだしたらトイレの前兆かも。


愛らしい表情のパグ。
癒されますね。
可愛さ抜群のパグでも
うまくトイレのしつけが
出来ていないと、
愛情も半減しかねません。
子犬の頃から早めに
トイレのしつけを始めましょう。

パグのトイレのしつけ

パグに限らず、犬も人間と
同じように食事を済ませた後、
トイレをする場合が多く、
食後はよく観察して
トイレのしつけをしましょう。

あたりを動き回ったり、
匂いを嗅ぎまわったりといった
行動を起こしたらトイレの準備を。

パグのトイレのしつけポイント「音」

トイレと決めた場所まで
パグを誘導し、
「シーシー」
「トイレ、トイレ」
など、何でも良いので
トイレの合図を出しましょう。
毎回、同じ掛け声にしてくださいね。
トイレのしつけに限りませんが
しつけが毎回違う言葉だと、
パグも迷ってしまいます。

音(人間の声)と行動(トイレ)を
結び付けるのがしつけのポイント。

パグのトイレがうまく出来たら、
忘れずに誉めてあげましょう。
大げさかなと思うくらいが
良いですね。

アクションが小さいと
言葉を話せない犬にとっては
伝わりにくいので、大げさ
ぐらいがちょうど良いです。

パグのトイレのしつけポイント「失敗した時」

犬のしつけのコツは
失敗しても決して叱ったりしないこと。
トイレに失敗した汚れは
たんたんとふき取って
しまいましょう。

失敗を責めたり、
大きな声を出したり、
叩いたりするのはご法度。
ますますしつけが
うまくいかなくなります。

パグのしつけに失敗はつきもの。
失敗しても許してあげる
余裕を持つのも大切です。
何度も失敗すると、
イヤになってしまうことも
もちろんありますが、
可愛い愛犬の為、
一緒に成長すると思って
温かい目で見守ってあげてください。

パグのトイレのしつけポイント「繰り返し」

人間だって、繰り返し繰り返して
物事を覚えていきます。

ワンちゃんなら時間がかかって
当たり前。

何度も何度も繰り返して
覚えることで次第にトイレが
上手になりますよ。

ワンちゃんのしつけは
繰り返しが鉄則♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*